マンション購入にあたって

これからマンションを購入使用としている人は、いろんな物件からひとつのマンションを選ぶことになります。金額的にもそれは一生に一度の大きな買い物です。慎重に選び、購入後に後悔しないようにしたいものですね。そこで、どういった点がマンション選びに重要なのか、挙げてみましょう。まず最初に決めることは、新築マンションを購入するのか、それとも中古マンションを購入するのか、と言う事です。価格、そして清潔感などが、この選択には大きく関わってきます。人が住んだ後にには住みたくないと言う人は、勿論新築のマンションということになります。そのようなことは気にしないと言う人は、中古マンションも候補に入れてみると、いろんなマンションを購入できますから、選択肢が増えることになりますね。価格ですが、確かに中古マンションは新築と比べて安いです。特に新築から数年たっただけ、というような物件ではそんなに新築と変わらない状態なのに、大きく価格が下がります。ただ、それ以降はそんなに下がらないのが特徴と言えます。ですから、中古マンションを購入する場合、車で言うところの新古車のようなマンションを購入するのか、それともある程度使い古した安い中古物件を選ぶかに分かれます。どちらが良いかは、選ぶ人の価値観によりますね。新築か中古中古か、そして価格の他、選ぶポイントになるのが、その間取りでしょう。必要な部屋数は家族構成によって変わるものです。子供がいる時なら、部屋数も必要でしょう。しかし、老後に夫婦ふたりで暮らすような場合には、逆に部屋数は少なくていいでしょう。間取りはその時の家族構成によって必要数が変わるために、マンションを購入しても、その後売却して、違うマンションに移る、というケースもあります。間取りの件の他に、立地も問題ですね。駅に近いところのものを購入するのか。それとも駅から離れたエリアの静かな物件を選ぶのか。車が必要になる可能性も含めて考えなければいけません。最後にもうひとつ、大事にしてもらいたい事項があります。それは管理組合があるかどうか。また組合がしっかり機能しているかどうか。これは住み始めてから、何か問題が生じた時などのためにも需要な事です。購入前には必ずチェックしましょう。さて、購入にあたりいろんなポイントがあることがわかっていただけたと思います。このような情報などを収集するためにも、インターネットを活用しましょう。
インターネットで調べてみると、マンション販売の不動産業者の記事などの広告の他に、実際に購入した経験を綴ったブログ、また
気を付けなければならないことやマンションのチェック方法などがわかります。中には
失敗談もありますから大いに役に立つことでしょう。高額な金額を出費するものですから、情報をしっかり精査して、良いマンションを購入しましょう。

マンション購入にあたり注意したいこと

マンションや住宅の購入と言うのは、一生の中で一番高価な買い物と言われています。ですから購入にあたり失敗することのないように、慎重に行いたいものです。ここでマンション購入に当たっての注意点を紹介しましょう。購入のポイントを押さえ、最適なマンションを選びたいものです。
○モデルルーム・・・まずは出かけていきましょう。実際に住むことを想像できます。いろんなイメージが出てくるでしょう。ひとつのモデルルームを見ることで、自分の本当に住みたい部屋、マンション像が固まるものです。ですから、モデルルームと購入を検討している物件が必ずしも一致しなくていいのです。購入ポイントの確認のためにも、かなり参考になるはずです。
○パンフレット・・・いろいろ集めて比較対照するといいでしょう。
パンフレットは実物以上にキレイなものがあります。写真は大変キレイですし、ここで生活することが快適である、とアピールしています。宣伝のために、そのマンションのいいところばかりを掲載していますから、悪い所もあるんだと理解しながらチェックしていきましょう。それぞれのパンフレット載る物件のメリットとデメリットを挙げていくことで、自分が本当に欲しい、必要なマンションがどんなものなのか、どんどん解り、絞り込むことが出来るでしょう。

 

○建築に関して・・・
最近のマンションは建築工法が進歩しており、以前問題になった耐震設計などは確実に行われています。ですから新築マンションは安心して住むことができます。注意したいのは中古マンションです。築年数が重要です。特に
東日本大震災の前と後ではマンションの構造が違いますからそこは注意しましょう。

 

○初めての購入・・・初めてマンションを購入するのなら、中古ではなく新築マンションを選んだ方がいいでしょう。
中古マンションの価値というものは判断が難しいものです。
これから何十年も住む場所です。慌てて購入してはいけません。慎重に選び、後悔することのないようにしたいですね。

 

 

マンション売却にかかる税金をわかりやすく解説

マンション売却によって税金を支払わなければならない場合があります。「場合がある」というのは、つまり支払わなくてもよい場合が多いからです。どのような場合に税金を支払わなければならないのかというと、まず売却益が発生することが条件の一つです。売却益とは、売ることによって得た利益を指します。わかりやすく言うと、マンションを購入してマンション売却をして利益が出た時です。買ったときの価格よりも高い価格で売ることができれば利益が出ます。購入するときには取得にいろいろな費用がかかりますし、売却するときにも費用がかかりますが、これらを考慮した上で売却益を計算します。要は、儲かったから税金を支払うということになるわけです。不動産価格が上昇している局面では売却益が発生しやすい傾向がありますから注意が必要です。

参考:【家を高く売る方法ガイド】売却値段の相場を今すぐ調べる方法

具体的には、所得税、住民税などがあります。売却した次の年の確定申告の時に所得税を支払い、その後、5月ごろに住民税を支払います。税率は保有していた期間によって異なります。5年がその境目で、それよりも短い場合には所得税が30%で住民税が9%、長い場合には所得税が15%で住民税が5%となっています。このように税率が異なるのは、投機的な売買を抑制する目的があると考えられます。たとえば不動産価格が上昇することを見込んでマンションを取得し、高値でマンション売却をしようと考える人もいるでしょう。このようなことが多く行われると不動産価格が上昇し、住居として用いたい人が買えなくなる恐れがあります。そのために、投機的な短期売買を防ぐ目的で、短期的な売買の場合には税率が高く設定されていると考えられます。このように税率が設定されていますが、実際には控除がありますから税金を支払わなくてよいケースのほうが多いです。3000万円の特別控除や買い替え特例などがありますから、よほど大きな売却益が出なければ税金を支払う必要はありません。

参考サイト

更新履歴